botanical days

不著衣冠不半年
水雲深處抱花眠
平生自想無官樂
第一驕人六月天


官服を脱ぎ捨て半年が経つ
平日の午、自然の中に身を委ね
花の香りに包まれ うとうと眠る
かつて想像した自由をいま謳歌する
何より自慢したいのは
仕事をしない夏の日である

銷夏といえば、私が小さい頃は大人数で海か山へいくのが常であった。両親とその友人たちは、どうも穴場を見つけるのが得意な人達だったようで、人の集まる海岸や山の川縁などを避け、あまり人の踏み入れないような場所をうまく見つける。そういう場所は拓けたところと違い、岩陰や樹々が多く、とても静かであった。
特に山は良い。滝の水が水面を打ち付ける音、魚が跳ねる音、鳥の声、樹々が風で揺れて葉が擦れ合う音、どれもすぐそばで何にも邪魔されず響いている。その時、夏の暑さというのをすっかり忘れ去ることができる。まあだいたい山の奥深いところは寒いくらいなのだけれど。
子供の頃はただ単純に、非日常の場所に在る高揚のせいで、必死に遊ぶことだけを考えていた。石を並べてダムを作り、魚を追いかけ、美味しいものを食べる。
そんな子供の無邪気な遊び心を、大人になってから尚恋しく感じる。
そして袁枚の詩のように、仕事を辞めて草原に身を委ね、ただ空を見上げ花の香りに心を傾けるような日常が、なんと羨ましいことだろう。
きっと植物ブームが巻き起こっているのは、誰もが袁枚になりたがっているんじゃないかな、とそう思った蒸暑すぎる夏の一日。


袁枚(えん‐ばい)中国、清代の文人。字(あざな)は子才。号は簡斎・随園老人。詩は格式にとらわれず、自己の性情を自由に表現すべきものと性霊(せいれい)説を主張。食通としても知られ、「随園食単」は有名。著「小倉山房集」「随園詩話」など。
出典|小学館デジタル大辞泉

Milch Inc.LLC

Milch Inc.LLC は「暮らしをデザインする」をモットーに、2015年に設立。 BOTANICAL ITEMを制作販売するブランドMILCH<ミルヒ>と、LIFE STYLE ITEMを取り扱うMILCH/02<ミルヒ/02>を運営しています。     ロゴはMILCHの誕生日である3月25日の花[アルストロメリア]をモチーフにしてデザインしています。